home

山上石垣の模型制作プロジェクト

Print

岐阜城に埋もれた本物の魅力を見て欲しい!!
そんな想いから始まったプロジェクトです。

本日よりクラウドファンディングが始まりました。一人でも多くの方に共感して頂けたら嬉しいです。

詳細はFAAVO美濃國のページよりご覧ください。

岐阜城山上石垣整備構想

あなたが知っている岐阜城は本物ですか??

dsc08374-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

国史跡岐阜城跡は、年間25万人の観光客をあつめる岐阜市最大の歴史観光スポットです。
標高329mの金華山全体が国の史跡で、山頂には日本初の観光用模擬天守があります。
天守は明治43年に竣工、現在はその二代目になり昭和31年にコンクリートで建造されたものです。

【もっと多く、岐阜城に観光客を誘致したい、その現状と課題】

岐阜城は明治時代後期から注目され、日本で最も早く観光的に整備された城と言っていいでしょう。

特に戦後、山上の模擬天守や展望レストラン、リス村などが新たに建設され、ロープウェイもそのころに開通しています。これら昭和時代につくられた観光施設しかない岐阜城は、本来あるべき城郭遺産の魅力を発揮していないのが現状で、もはや時代遅れなのかもしれません。そのため過小評価され、他の城郭に比べると観光客の伸びが今一つなのです

ecalbt011_013

岐阜城山上石垣整備推進協議会

%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%ab

私たちは「信長の山上石垣を全ての人に見てほしい!」を合言葉に、
岐阜市民に親しまれている岐阜城の魅力向上を掲げて活動をしています。

世界遺産級の現存する山上石垣を広く知ってもらい、
近い将来、この山上石垣を誰でも簡単に観ることができる環境づくりを目指しています。

代表のブログ

でれぇ岐阜城☆岐阜城山上石垣整備推進協議会代表のブログ
masa2000sさんのブログ「でれぇ岐阜城☆岐阜城山上石垣整備推進協議会代表のブログ」です。最新記事は「ぎふ信長の城サミット★出演者紹介「内堀信雄先生、小野友記子先生」」です。

岐阜城山上石垣整備推進協議会のFacebookページ

お問合せ